読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かめがゆく

「石狩・不登校と教育を考える会かめの会」より生まれたブログです。

【報告】出張親の会in漂着教室

とりあえず人が来てくれて良かった。需要があった。ホッとした~。

先輩母さんたち、リンパケアにも参加してくれた方、そして新しいお母さんたち、合わせて6名の方々が参加してくれました。ありがとうございます。あ、あと2名のお子様もね。

 

昨日はたまたま漂流教室の相馬さんがいたので、母たちが話している間、子供たちにもみくちゃにされている相馬さんというレアな現場を見れて面白かったです。

「かめの会」ができた当時は親の会で親たちがしゃべっている間、子供たちは漂流教室に来てもらって遊んでもらっていた、とのことだったそうで、それがここで再現されている?みたいな感覚になりましたよ。

 

今回は小学校低学年のお子さんをお持ちのお母さんたちが偶然集まりました。

話聞いてて思ったのは、なんだあんまり状況は変わってないじゃんってことです。相変わらず自分で探さないと情報は集まらないんだな~。

学校の対応もその学校によってばらばらだし、支援の状況もいまいちうまく回ってないのかな?という印象を受けました。

 

だいたい、学校に行っていない、行ってるけどその時は親も一緒にいなきゃいけない、ずっと子供と一緒で一息つく間もないのに同じ境遇の人に出会う場もないってだめだろう。

だってさ~学校行ってる子供のお母さんたちだって、悩み事とかみんなでお茶しながらしゃべってるんだから、そういう場があって当たり前なんだから!プリプリ!

あは!書いてて腹立ってきちゃった。

 

「この状態に終わりは来るのか?」多分これみんなが思うことだと思う。いつまで続ければいいのかわからないですよね。

私もずっと「出口はどこだ~!」と心の中で叫んでいました。

 

こればっかりはほんとどうにもならない、だってどうするのか決めるのは子供本人なんだから。私たち親は動き出すのを眺めているしかないんですよね。

いや~しんどいですよね~。だから一人で悩むんじゃなくて、みんなで悩みを持ち寄って一緒にわいわいして行きませんか?

 

そんな場になっていけばいいなあと改めて思いました。

 

う~ん、我ながらざっくりしているな~、分かりにくいわ。

以上報告でした。興味を持ってくれた方いましたらどうぞ遊びに来てください。毎月第2土曜日に開けておりますよ。

また近くなったら告知します。ではでは~