読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かめがゆく

「石狩・不登校と教育を考える会かめの会」より生まれたブログです。

夏休み明けた

北海道では昨日で大体の小中学校の夏休みが終わりましたね。

うちの子たちも学校が始まりました。

そしてまさかの連続台風上陸。


天気が悪いとテンションダダ下がりなんですわ。


どよ〜〜んとした顔して行きましたね。ガンバレ。


全く学校に行っていなかった上の子中学生時代はどんな感じでいたかなぁ〜と、うーん、、、思い出せない⁉︎

なんか親子でドンヨリしてたとしか思い出せない。


本当に苦しかった時の事は脳が勝手に記憶から消すのかしらね〜。不思議だわー。

でも、ふとした瞬間に蘇って苦しくなったりするのだよね。

これはしょうがない。


私もかめの会の例会や、出張親の会や、相談会等で他の方達のお話しを聞かせてもらってると、当時の自分の苦しみが迫って来てつい涙が勝手に出て来てしまうんですよね。


それでもそんな事を繰り返していると、苦しく思う時間が少しずつ短くなっていくのを感じています。

直ぐに正気に戻れるようになったと言いますか。

あんまり引きづらなくなって来ましたね。

でも、無くなりはしないのです。

それでイイんだなと思います。

何故なら辛い時の気持ちが分かるから、人と共有出来るから。


だからね、子どもたちにも自分達の苦しかった日々の事を、他の人達と共有してって欲しいな〜と思うんです。

君たちだけじゃないのだよ。結構たくさんの人が同じような思いを持っているんだよ。

学校からチョット目を向ける場所を変えてみたら、以外と直ぐ近くに仲間がいるかもしれないよ。


一人じゃない事に気が付いて。