読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かめがゆく

「石狩・不登校と教育を考える会かめの会」より生まれたブログです。

【報告】出張親の会at星園

12月18日日曜日にやりましたよ。出張親の会。

今回は大人4名子ども2名の参加でした。

 

今回の話の中で、「タイミングってやっぱり大事だよね~。」ってことを考えましたね改めて。

子どもが動き出すタイミングははっきり言ってよく分かりません!

今か?今なのか?と思っていると全然動かなくって昼夜逆転したり。

今はまだ家に居たいのかな~?とのんびりしてるといきなりバイトに行き出したり学校へ行き出したり。結構「え!なんか急なんですけど。」みたいなことの方が多いような気がします。

でも後から考えてみるとあの時のあれがきっかけになってるのね、という事もあったりして、う~んなんか面白いですね。

 

まだ子供たちが小さかった頃は完全に私のタイミングで子供たちを引っ張りまわしていましたね~。

私が何とかしなくては!この子たちを守らなくては!わかってあげられるのは私だけなのよ!キー!みたいな。

怖いですね。まったく余裕がありませんでした。顔もこわばっていたと思います。

さぞかしピリピリビームを発していた事でしょうね、ほんと嫌な思いを家族にさせてたんだろうな~ごめんなさい。

 

私は、2年間ぐらいだったか市の子ども相談センターというところで、カウンセリングみたいな感じで支援員の方に話を聞いてもらっていました。4年前ぐらいかな~?

上の子に続いて下の子も学校に行かなくなって、私は自分を責めていました。

「子どもが学校に行けなくなったのは自分の育て方が駄目だからだろうか?」

「私がこんなダメ人間だからなのか?」

もうね、真っ暗です。頭の中は常にマイナスな事ばかり考えていたな~。

 

でも月に1回その相談の日が、自分が本当に思っている事、夫や周りの人にも言えないことを言ってもいい日だったので、その日が来るのが本当に待ちどしかったんです。

「子供が来れなくってもお母さんだけでもいいよ。」って言ってもらえてほんとによかった。少しずつだけど自分の思いを話せてそれを聞いてもらえてすごくうれしかった。

思い切って相談しに来てよかった!

 

このことが今の私の「いろんなところに行っていろんな人と話したい。」という事の原動力になっているんだと思います。

これは私自身のタイミングが気持ちがINからOUTに変った時だったのかもしれないな~と、今思い返してみればそんな気がしています。

 

子ども達の自分タイミングの足を引っ張らないようにだけ気をつけて、のんびり一緒に暮らしていけたらいいのかな~?そこに夫も参加してもらって、一緒に子ども達の成長を見ていけたら嬉しいな~と思うのであります。

 

なんか報告っぽくないですな、、、。

 

さ~て、来月の出張親の会は~(サザエさん風に)

1月14日にやりますよ!

最初にやってたように第2土曜日に、大人も子供も漂着教室で一緒にに戻ります。

変わらず子ども見守りボランティアをお願いしますので、子どもの事は気にせずに話に花を咲かせましょう!美味しいお菓子を食べましょう!